shutterstock_726439210
こんにちは。東京都杉並区で新しい恋の機会をお届けしております恋活相談所杉並デートです。

本日は「高収入の人がパートナーに求める5つの条件」についてお伝えいたします。

男だからとか女だからとか今の時代あまり関係ない

この時代、女の人が収入が高くても当たり前になってきました。

「お互いどんな年収であってもパートナー同士で仲良く自分で自分のことを管理できるといい」は経験上ちょっとキレイ事と思います。

確かに同じくらいの収入でしたらお金のことも仕事のことも半分半分でうまくやれると思うのですが夫婦でなくても年収の格差があるのが現状。

お互いに気持ちのすれ違いが起こる場面はどんな人にでも間違いなくあり、どっちかが何かを諦めてしまう必要があることにもなり兼ねませんし、そうなると実質自分が誰にとって何故対等といえるのかを考えてしまったり悩む場面もあるかと思います。

そういうことを予測しながら高収入の人(時間のほとんどを仕事に使う人)が求めるパートナーの条件について見ていきましょう。

1)同じくらい稼ぐ人

「お金のことも家のことも半分半分でうまくやる」というのは考え方としても一番無難です。

ですので、同じくらいの年収の人を求める人も多いです。

2)育ち方が対等の人

性格の面や常識やマナーの面、親の収入とも言えますが・・・恋活や婚活ではそういう目線では見ません。

こ真剣なご紹介のサービスで言われる「育ち」というのは、精神的な年齢や心の器とかそういうものです。

あとは生まれ育った土地、フィーリングも含まれるかと思います。

育ち方が対等のほうがうまくいきやすいのでそういうことを含めて一番の目安になるのは「会話が合う」ということです。

「会話が合う」というのはもちろん楽しい会話とか面白い会話という面でも大切ですが、自分は「あり得ない」と思っていても相手は「普通」と思っていたりする場面も本当によくありますのでその価値観を説明する時に「会話ができる」ということが重要になってきます

年収関わらずみなさんも実際に素の状態で自然に会話をして合う人を求めてると思います。

「言葉なんだから誰にでも伝わるでしょう?」と思いきや、実はそうではなかったりもするものです。

この会話の面が合わないと「お互いギブ&テイクに答えられない」という大きな問題が出てきますし「会話=言うことを聞かせる為にある」っていう人も中にはおり人生において「教育したい」「教育してくれる」を互いに求めているという人も居ます。

これは一概に収入面、能力、頭の善し悪しは関係なく「育ち」に近いものですので様々なパターンがあるとは思います。

通常で考えたら自然体でお互い対等に影響され合っていける関係性が理想と思う人が多いです。

3)美

高収入の男性は美女が好きと思われがちですけれど、男の人は最終的に優しいのでそこばかりを求めるわけではなく「美しい」かつ「強い人」を求めます。

女性は男性以上に美しいことが好きですので「美しい」かつ「優しい人」を求めます。やはり「美」はお金と同等の価値があるようです。

芸術や美術の教授くらいの方だとミリ単位の世界観で脳内に反映されてますので「そこまで追求するほどではない」と思う方は「ある程度のこと」として認識していると思います。

なので「顔のパーツに興味ない人」も結構、多いです。

ただどんなモテ顔どんなモテヘアどんなモテファッション以上に「お肌が洗練された人」はどの時代間でもモテる人の特徴として確立しています。

それと同じくして「若さは価値」ですので20代のうちはなるべく安請け合いしないほうがいいです。

4)家事・料理能力

家事代行サービスが流行っていますので「家事能力」というのは高収入者全体で比較的求められています。

「代行サービスに頼む」ということと同じようにパートナーに専業主婦、主夫になってもらい「お金を支払う」「時間の保障をする」ということのほうが有意義だと思う人もいます。

「お金を支払うレベルの家事・料理能力」ですので「花嫁修業」という価値観もなくなってしまったこの時代でそれを独自で研究して熟す方もなかなか大変なことだと思いますが得意な人はアプローチ材料になります。

5)ひとりとしての時間を有意義に使える人

「稼ぐ額=稼ぐ時間」です。

昔「忙しいを言い訳にしない」というのが流行っていましたが、未だに全然意味がよくわかりません。

正直、この時代に年収があろうがなかろうが忙しくない人なんていません。それがまして高収入者だと大変です。

確かに、週休2日キッチリ8時間労働で休みを返上して学問や技術を取得することもない健康な人の「疲れた」は言い訳です。

高収入者は一日のほとんど、週のほとんどを返上して働いてますので「疲れた」は在り得ますね。もしくは医療関係等の高等な技術者などは一日8時間労働であっても繊細な仕事ですので疲れます。

ここでパートナーが「寂しいから」「構ってくれないから」といってお金を散財してしまったり、時間の使い方について指摘して感情的になったり、他の異性を求めて失敗してしまうパターンはよくあります。

ですので自分の力で自分の心を満たせる人が条件です。

「少ないお金でも自分の心を充実させることが出来る精神的に健康的な人」これは高収入者に関わらず比較的みなさん求めている条件かとは思います。

そういう人は「一緒に居て楽しい」と思える人が多いからです。

最後に

人を見る時のポイントは「お金」ではなく「時間の使い方」です。

それだけ稼ぐってことは「それだけどこかで貢献している」っていうことが理解できれば大したことはないかと思います。

高収入者を求めることは様々なカウンセラーに諦めさせられることも多いです。

それは「人」を無視して相手が持ってるお金や能力や物質や若さと付き合おうと思ってるだけだとそう言われてしまうんですね。

誰と付き合っても「相手の能力が手に入ること」ということはないんですけど、

もし理想通りの素晴らしいパートナーと付き合えることが出来たら「最初からあなたにそういう能力があるから一緒に居られる」ということです。

人として価値観の違いや性格の合う合わないはそれぞれあれど、パートナーは「人」なので「人付き合い」について腑に落ちていればなんてことはないかともおもいます。

求めてたものを追求しているうちにフッと違う何かに気付くこともよくある話です。諦めずにいつも素の自分をアピールし続けて下さいね!

電話連絡:03-6276-9357
メール連絡:お問い合わせフォームより承ります
担当:寺田

恋愛電話相談についての詳細はこちらから!
デートセッティングコースについてはこちらから!