shutterstock_683350429

こんにちは。杉並デートです。

今日は日常から役立つ恋活解決シリーズで「あなたの持ってる価値が一段魅力的になる方法」をお伝えしたいと思います。

1)おもてなしについて考えてみる

デートでは「おもてなし」が必要です。デートの時は「心がこもった対応」が必要です。よく言われることですね。

なんでしょう?そのデートでの「おもてなし」とか「心がこもった対応」って?

おもてなしについてザッと調べてみたところ「心のこもった待遇のこと。顧客に対して心をこめて歓待や接待やサービスをすること」って書いてありました。

ホスピタリティやおもてなしが「こういうことです」という説明するのは簡単です。でもそれを具体的に「行動リスト」としてザッと並べるとなにひとつ簡単ではありません。

実にホスピタリティやおもてなしを意識をしてお客様に対する行動マニュアルはなんと約20項目。しかもその約20項目が最低限なんで、そこから更に自分でいろいろ付け加えていく必要があります。

仕事ですと「それをやって下さいね」と言われます。だけどその1回のデートでおもてなしをやってね。ホスピタリティは大切なんてわざわざ言いませんよ!

だって無理してそんなことやってても続かないです!それにみなさんもう社会人ですから、多分言われなくてもそんな20項目なんて自然にやってます!

だから私にわざわざ恋活の~って言われなくても、毎日が恋活なんですなんて言えたりする人もいると思います。

2)出会った相手に「おもてなし」自覚派?感覚派?

おもてなしは自覚した方がうまくいく人感覚でうまくいく人その両方が合わさってうまくいく人がいます。

自覚があったほうがうまくいく!っていう人は本を読んだり専門家に受けて勉強することでインプットするタイプです。

感覚のほうがうまくいく!って人は体験を重ねて感覚でインプットするタイプ。

感覚も自覚も両方合わさってうまいく!って人は体験を重ねて本を読んだり人の意見に耳を傾け確信した感覚をインプットするタイプです。

みなさん今からやることは仕事ではなくてデートです。

仕事でちゃんとやっている分プライベートは気が抜けたほうがいい!ですもの。普通に感情もありますし、思ったことや言いたいことだってありますね。

3)素直でいること

異性とのデートの場合ですとおもてなしというよりは「素直でいる」ということが最も大切かとおもいます。

もちろん日頃から人をもてなすことを仕事にしていて得意、自然、癖という場合でしたら、それでも構いません。

あなたの持ってる価値でいいんです。

それを一段魅力的にするのはおもてなし、当たり障りがない、サービス精神が旺盛とかそういうことではなく素直でいるということ。

人は見て欲しいことや認知して欲しいことを自然にやるんだと思うんですね。それでいいです。

パソコンの仕事の人がパッと思いついたと同時にプログラムを書いているように、人を喜ばせる仕事をしている人もパッって思いついたと同時に無意識で勝手に動いてやってます。

そういう感覚で「自分には仕事しかない」「仕事と家の往復です」とネガティブな意味で捉えて言われる方はいらっしゃいます。

でもあなたの持ってる価値でいいんです。

今まで会社に勤めてきて沢山のマニュアルなどに触れてきている人が多いかと思います。

人雇えるくらいの会社というのは会社に相応しい人材の行動でしたり、研究や業務などをスムーズに対応できるように様々な角度で分析し、それをあえて言葉にして雇ってる人に対する誠意でまとめてマニュアルにしてるだけです。

ただ給与がどうなってようが人雇えるくらいやり手の会社の言ってることに本当があるか知りませんが嘘はないとわたしはおもうんで、恋愛にだって持ってるものがあれば思う存分に活かしたほうが得ですよ。

4)素直に居る為に考えること

おもてなしが出来なくても、素直でいればいい。

そして、素直でいる為に考えることは好きなことを自覚することです。

パッって思いついたと同時に無意識で勝手に動いてやっていることが現時点であなたの好きなことです。なので認めましょう。

そこで急に「わたしは週に1回エステに行って、週2回はジムで体を鍛えて、2万する化粧水や美容液を使用。毎日美容に夢中です☆」って自分にないことを付け足してしまうことを理想といいます。

理想ですら今まで自分の経験にもない想いだとしたら、求めることはよほどなド根性ハードな修行です。だって今まで運動部でもなかった人や人に見られるのがイヤな人は、ジムになんかいかないですもの。

(「せめてヨガにしましょう?」とか「過去運動部の人ってチームとモチベーションの高め合いで強くなってくんです。なので専属トレーナーつけるとはかどりますよ」とわたしならアドバイスします。)

なので、理想は一度置いておいて、まず現段階で「自分がパッって思いついたと同時に無意識で勝手にやってることが一体なんなのか」を自覚しておくことは人と繋がるキッカケを巻き起こします

 

自分の好きなものや好きなことを自覚していると「これはわたしの価値観です」自信を持って素直に言えるのです。

素直なことが大切です。そのことを把握してもらえてわかっていてさえくれれば、付き合う相手が価値観が合う人でも合わない人でもどっちでもいいんです。

この別になんてことのない普通の自覚がのちのちどうなるかというと

「お互いひとりで使う時間を大切にしている。自分も相手もその時間を守れる関係性」という誰かと付き合う上での大きなステータスにつながってきます。

なので、相手の好きなことを聞いて

「自分もそういう趣味が好きだよ。だからそういう趣味をやってる人とは気が合う」とか「自分はそういう趣味があってもいいとおもうよ。自分は○○をやったりしているよ。」など

その許容の一言があるかないかで、友達から一歩先に進むか進まないかの意識が相手の中で変わるんです。

変なおもてなしだとか変に相手の話を聞かなきゃなどという意識をして「そうなんですか!へえ!楽しそうですね。」と終わらせるのは勿体無い

それだったら「ン!」の一言で返してくれる人のほうが「一体なんなの・・・(ドキ)」と興味を持ったりもするかもしれないです。

そして返答が短い人のほうが心の中で(OKいいじゃん)って言ってるように感じるんですよね!何故か!

無言マジック!

5)信頼出来るのは「行動」

内向的な方ですと、自分のことを言葉で表現することが苦手です。苦手というとネガティブな表現になりますが、実際人を見る時には言葉よりも行動のほうが信頼できるんですね。

なので、やってもないことではなく自分の行動を言葉にすることが大切で、それをいろいろ省くと「行動がすべて」です。だからあなたが例え外交的だとしても内向的だとしても行動がすべてです。

パートナーが居なくても散歩してたら面白そうなものを見付けた、行きつけのお店を増やす、料理をやってみる等の身近なところに合わせた行動を増やしていくといいですよ。

そして今から自覚しようと決心がついた時に「サンポ、、、タノシイ、、、スキ、、、、」からどんどん「散歩するとストレス発散になるわ!」「散歩してたら良い店見付けた!」「あの店めっちゃ美味しかった!ちょっとマネして作ってみよう」と

どんどん行動につながっていきますし、あなたが相手に放ったキーワードもアクションもどんどんシャイニングしてきます。

だからあなたが今持ってるものを言葉にして自覚するだけで本当に大丈夫なのです。紙に書いて客観的に認識してみましょう!

最後に)

そして行き詰まったら、また(1)のおもてなしについて考えてみます。基本的にはこの5つのルーティンであなたの魅力は一段と増してきます

(5)までできたら(1)への考え方は前よりはパワーアップしてますし、あなたの持っている価値観も個性としてハッキリ存在を表してくることでしょう。

電話連絡:03-6276-9357
メール連絡:お問い合わせフォームより承ります
担当:寺田

恋愛電話相談についての詳細はこちらから!
デートセッティングコースについてはこちらから!