shutterstock_407632294

こんにちは。あなたの新たな恋の機会を応援する杉並デートの寺田です。

今日は恋活あるあるエピソードと共に恋活のめんどうくささから脱出できるかもしれないちょっとした解決方法を交えてお届けします♪

あなたはいつ頃から恋活してますか?

おそらく早ければ本当に小さな頃、小学生の時から既に恋する気持ちは芽生えてます♪

10代後半の頃はとにかく至るところから恋の話を聞いたり個人的な話を聞いてもらったり、そのおかげで恋は「人と交流できるもののひとつ」だと思っていてとってもたのしかったイメージです。

今でも恋の話は好きです。上手くいかない時はつらいんですけどね、付き合う前付き合いたて結婚したあともいろいろ励まし合い、特に上手くいった話や誰かがモテまくってるナイスな話題、人の結婚式、全部好き。

なので、恋ということに関して結婚した今でもひとつもネガティブにおもう感情はありません。こういう仕事をやってるくらいなのでわたしは恋が大好きです。

ただ合コンや街コンなどその他大勢の恋愛系イベントに行った回数は10年間のうちに3回。多いか少ないかはわかりませんが、どの会も2回目や3回目以降につなげることができました。でもそういうところで異性と進展したことはなく。

私の場合はそもそもの性格がややマイペースということもあるんですけど、仕事の内容が繊細かつ神経を研ぎ澄ますものだったので、とにかくプライベートでは気を使わなくても大丈夫そうな人が好きだったのです。

合コンとか街コン等のその他大勢のグループの飲み会になると、とにかく男性も女性も気を使い合ってしまい「ここからどうやって恋に発展するんだろうか?」とおもってました。

このように特に日常的な仕事で人と接しているという方に限ってプライベートで人と会うのがとてもネガティブになりがちです。そういう人はあんまり気を使わなくてもいい人が合ってるとおもいます。

恋活のめんどうくささから脱出!

恋を婚活や出会い系や恋活というジャンルに分けて考えてそこからデート、合コン、街コンと発展させていくんですけど、とにかくまったく時間の流れを感じません。その時間だけポッと異質して浮いているような感覚。

で、その異質な時間感覚をなんとかして埋めたくってわたしの場合は手持ち無沙汰で気を使うのもありますが、他にもいろいろあって、とにかく「めんどうくさいと思ってしまう理由」がいくらでも浮き出てきます。

恋っていうのは20代前半までは非常にアクティブでどんな人でもいいから付き合ってみるという過程そのものが大切だったんですよね。

でも20代後半30代に従い受け身から率先した人物に生まれ変わって時間感覚がどんどん早くなり、気力も行動力もほとんど仕事で奪われます。パッと自由になった!?と思ったら、そろそろアラフォー。

自由最高ですからそれこそ気にすることではないとおもいますけども。ただそこから非日常的な発展から将来につなげる人を見付けるという気力や行動力があったなら、とっくに相手は居るんです。

至ってわたしもその異質な浮き出た感覚の飲み会で、人と交流できることは心の底から楽しいんですが恋や愛を連想することはできませんでした。

でも個人的には恋をすることは好きでした。それは日常にあるもの自分はその他のこと考えながらも相手のことを認識できるという自然の流れの中にあったからだと思います。

結婚相手とどこで出会ったという話で「幼馴染・職場・結婚式で知り合った・友達の紹介」これらが上位に食い込むもしくは理想とされてるのは、すべて日常としての時間の流れの上にあるからです。

なので恋ってフィーリングだよね☆ってよく聞きますが、たくさんの要素の中でも日常というスピードと流れの中で他人を認識できること(フィーリング)も重要ということです。

フィーリングから必ずしも恋に発展するとは限らないですし、どんな仲良くてもフィーリング合わなくなる瞬間なんていくらでもあるものですが、

ただお互いフィーリングさえ一度感じてしまえば、あとは何度デートしてもそういった「恋活や婚活がめんどうくさい」というネガティブな状態からは少し開放されて楽しくなることでしょう

では、どうやってお相手とのフィーリングを確かめるのでしょうか?それはとっても簡単なこと!

今日のデートから実践できるよ。

すごい昔だとデートといえば映画だったじゃないですか?座っててもスクリーン上で勝手に人が動いてる!よくドラマとかに出てくるドライブデートの海もそうです。波が揺らめいてる!

人は自分ではない他人や物体の大きな流れや動きを見ていると、自動的に時間の流れを感じます。その時間の中に二人でいることフィーリングを感じる上で大切です。

こないだのブログで「SNSいいですよ」とオススメしたのもそういう理由です。ラインだとお互い用もないのに相手に向かって発言するというかなり不自然な状態になってしまいますが、SNSだとタイムラインが日常的にたくさん流れている中にも関わらずほぼ自動的に相手を認識してる自分を自覚できます。

ただちょっとそれだけだと日常感は薄いので、実際に会ってみて日常として時間の流れを感じましょうということなんです。

舞台が好きな人は観劇だったり、もちろん映画でもいいんですよ。水族館だったらたくさんの魚が動いてますし、流れるものをふたりで見ることでお相手とのフィーリングを一番感じやすいです。

一応、うちはデーティングサービスなので「最初はお茶かお食事」としているのですが、それが終わった後にどこかに腰をかけ街ゆく人の流れを感じてみる、みたいなこともできるとおもいます。

そこで黙っていても会話しててもいいんですが、デートが2回目3回目とかで時間の流れを感じてる時に居心地が悪い感じがしたらフィーリングみたいなものは諦めたほうがいいです。

それで居心地は悪くないようでしたらフィーリングはOKです♪

shutterstock_408609523

杉並デートは会員様がめんどうとおもうことは極力、省いてます!

杉並デートは実際に会ってみて日常としての時間の流れを感じていただけるサービスです♪

相手の連絡先を聞くとか聞かないのも駆け引きになって面倒だとか、デートしてみたけど進展とかまったく考えられない恋って何?等のツイッターで呟くようなさり気ないお悩みも。またデート先のお店のご予約は自動的に対応しております

他にご登録されてる会員様を見てあなたがパッとした直感なんかフィーリング合いそうと思う人を紹介できます

杉並デートは実際に誰かに会うだけではなくあなたの時間の流れをスムーズにしていくことに特化しております。

「恋自体がめんどうくさくなっちゃったわ。どうすればいいんだろう。」等、あなたの時間が留まってしまったらいつでも杉並デートが承りますのでご連絡ください♪

それではあなたの新たな恋の機会を応援する杉並デートよろしくお願いいたします。

電話連絡:03-6276-9357
メール連絡:お問い合わせフォームより承ります
担当:寺田

恋愛電話相談についての詳細はこちらから!
デートセッティングコースについてはこちらから!