shutterstock_507811483

こんにちは。杉並デートです。今日は巷で言われている「6つの理由で起こる婚活疲れ」についてお伝えしていきます。

婚活疲れとは

婚活をしても出会い系サービスを利用して人と出会うことができます。しかしそんな中で「婚活疲れをしてしまった方」がいらっしゃいます。

婚活疲れというのは「人に会いすぎてよくわからなくなってしまった」という人の場合もありますが、それは本当に一部の例です。

そういう方は「特に出会いを求めてない」という場合が多いです

・日頃から人に会い続けている業務に携わりつつもご友人周囲や業界周りで出会うことを欠かさない方(それとは別に出会いを斡旋するサービスを利用している)

・出会いのサービスを使い続けて「やっぱりひとりの時間を愛している」ということに気付いてしまった方

この2点も婚活疲れといいます。ただこういうサービスを用いてる人でこの2点の理由の方っていうのは珍しいタイプであり、そういう人は最初からこういうサービスは使う傾向にはありません。

みなさん、やはり「出会いたい気持ちがあるから」ご連絡を下さるのだと思います。

なので「人に会いすぎてよくわからなくなってしまった」という理由の婚活疲れをする方は本当に一部です。

では大体はどういう理由で婚活疲れをする人が多いのでしょうか?

大体の婚活疲れの実態は「出会えないこと」

婚活サービスでももちろんあなたのご希望やご条件に合わせてコーディネーターはお話をお伺いすると思いますし

それを断ることも諭すこともよほどではない限りはないと思います。

やっと婚活に登録できてお金を払うことでより期待感は高まりますよね。

ではあなたはどんな人と出会えるのでしょう?思った人に出会えるでしょうか?

そして、いざ婚活を始めるとこういうことが起きます。

1)この人は駄目(条件や希望を出さない人に限ってこのタイプ)

2)この人は私には合わない(会ったこともないのに)

3)条件や希望の人と全然違う(誰も理解できないくらい細かい条件がある方)

4)もっと若い人がいい(みなさん同じ年代くらいの人を求める傾向にあります)

5)もっと写真が目立つ人がいい(相手もそう思ってる)

6)もっとスペックが高いほうがいい(相手もそう願っている)

このように否定形から入るネガティブな人もいれば欲望から人を選別してしまう事も。

もちろん「否定的で欲望深い」この全ての方向性で思考してる人も中にはいらっしゃいます。

コーディネーターを目の前にするとすごく謙虚な気持ちで人と接することが出来ていたのに「いざ始める」とこういうことが起きるのです。

これはどこのどんなサービスでも一定数起きうることだと思います。

そうすると最初は「思うような人に会えない」だったハズが「思ってもない人にも会えない」という状況に至ってしまって

こう思います。

「最初の時に申請をお断りしなければよかった・・・」

これが所謂「婚活疲れ」というものです。人は小さな成功体験を重ね続けることで幸せを感じたり生活が充実していると感じることができます。

なのでこういう人は恋愛だけではなく「出会えるハズのことを出逢うことすらできなかった」という小さな成功体験を重ねるチャンスすら逃してしまったのです。

なんでそんなことが起きるの?

お店で例えてみましょう。

たくさんの商品が並んでいる中で自分が「何を買うか」「何にお金を払うか」もちろん選んでいいんです。

お店というのは「あなたが欲しいものの対価としてお金を支払う」のです。

お店に並んでいる品物が「商品」であれば6つの理由付けも納得がいきますし生きている上で極自然で普通のことです・・・が、

率直に言いまして、この考え方がある限り誰しも「婚活疲れ」からは抜け出せません。

これは出会いのサービスを利用せず日常から出会う機会を増やしてる人にも当てはまりますし、もちろん「恋活」でも同等のことが起きますのでご注意を。

恋愛は商品選びではありませんし、こちらはいち個人をタレントさんや物件と見て扱っているわけでもないです。

なのでサービス側は会員様個人に合わせて利用価値で人を求めることをしないのは、精神衛生上で不健全だからです。

 

出会う気持ちがある人同士を会員様の権限(価値観マッチング)でひたすらに合わせています

申請というのは「向こうから偶然歩いてきた人」もしくは「あなたの隣に偶然座った人」だと捉えて下さい。

あなたは電車で座った隣の人や向こうから歩いてくる見ず知らずの人に対して

イチイチ友達に「あの人は恋愛対象としてどうおもう?」と相談したり「あの人は子供が産めなさそう」と思ったりするでしょうか?

正面から歩いて来た人や隣に座った人がたまたま「好みだった」たまたま「若かった」という事は当然あるとはおもいます。

でも隣に座られてイヤそうな人も正面から歩いてきてイヤだなと思う人も会員にはしません。

その為の真剣恋活のご面談であり出会いの提供でございます。そういう理由は実際に誰かと出会ってから考えること、です。

将来、幸せな恋愛をする人の傾向は「たくさん出会うことを繰り返した人」

婚活サービスではコーディネーターが「お見合いの申し出がありましたけど如何でしょうか?」と訪ねた際「はい。わかりました」と答える方が大半です。

当たり前ですが「わかりました」と答えた人が幸せになる権利があります。

「これから会う相手が本当に会いたい相手だったか」という話ではなく、人は人に出逢えば出逢うほど誰かと付き合える可能性があがります。

婚活パーティー、合コン、結婚相談所のお見合い、出会い系サービス、世の中では様々な出会い方がありますが

将来、幸せな恋愛をする人の傾向は「たくさんの人に出会うことが出来た人」そしてその中から「たったひとりの運命の人」を見付けることが出来た人です。

それを「誰誰の顔がよくて若いから」とかいう妬みや「宝くじが当たるような偶然」という皮肉では返せません。

それはご本人様が求めた分の努力の結果です。

「たったひとりの運命の人」というのは幼少期の頃からたくさんの出会いの経験や体験を知らず知らずのうちに詰み重ねた結果「運命の人に会えた」が正解です。

 

そのチャンスを逃さなかった人、そのチャンスを逃したと深く反省した方は恐らく今幸せです。

幼少期から含めて「出会った人数」「投資した時間」であなたの幸せな恋愛は決まります。これは恋愛に限ってはない法則なので、もちろん「あなたが求めていれば」の話です。

恋愛する為に自己投資をしない、自分のことに集中したい、仕事に専念したい、つらい恋愛を繰り返しており自分が信じられない等

今、求めるものが本当に「出会い」や「恋愛」ではなく、違うことで投資したり時間を使うことがあればもちろんあなたはそれを「尊いこと」だと思っているので

そちらを優先しつつ出会いを探すべきです。

その尊いものを追いかけている時にいつか出会いがあるんだと思います。そのチャンスをいつでも逃さないで下さいね。

杉並デートでたくさんの出会いを

「人と出会えるのにあまり自信がないなあ」そういう人の為にも無料で面談しお写真を撮影させていただいております。

もしご面談&写真撮影でちょっと自信がついたならうちのサービスを用いて出会ってくれても構いませんし、その他で出会っていただいても構いません。

婚活サービスと平行に恋活サービスを用いている方もいらっしゃいます。

もちろん杉並デートの価値観マッチングにおいて「次の出会いのチャンス」は必ずあります!

恋愛に進めない理由や特に求めてない理由が「自己のこと」であれば恋愛相談いたしますのでお気軽にご活用下さいませ。

また、ご面談やお写真の撮影で少ないお時間ではありますが「自信がつく」みたいなことは少しはお手伝いできると思います。

ご質問や疑問点はお問い合わせフォームがスムーズです。お電話からでも直接お伺いしております。よろしくお願いいたします。

電話連絡:03-6276-9357
メール連絡:お問い合わせフォームより承ります
担当:寺田

恋愛電話相談についての詳細はこちらから!
デートセッティングコースについてはこちらから!