shutterstock_381348685 (1)

東京都内杉並区を中心に中央線沿線で恋活サービスを提供中の「杉並デート」です。

婚活を辛いと思っている方は実はおおいもの。今日は「アラサーにとって婚活が辛い理由」について書いていきたいと思います。

アラサーにとって婚活がキツイ理由は「焦り」

ずばりアラサーの方にとって婚活が辛い理由は「焦り」です。年齢的な問題から早く結婚しなければという焦りの気持ちでどんどんと婚活が辛くなっていくのです。

この辛さはやはり「女性」の方が強いでしょう。男性は女性に比べて年齢的な問題で結婚を焦ることはなかなかありません。

婚活に限らず「焦り」というのはつらいものです。結果を早く求めてしまう事がこの「焦り」の原因です。

もし婚活が辛いと感じているのであれば、一度自分が焦っていないか内面を確認してみるのが良いでしょう。また、何故焦っているのかも是非考えてみてください。

もしその焦りの原因が「年齢的に結婚していないのはおかしいから」という理由や「周囲が結婚しているのに自分はまだ独身だから」といった、社会的な価値観や他人との比較が背景に有ったのならば焦る必要はありません!

そもそも幸福な人生というのは「他人の価値観・社会の価値観」の様な外部的な評価よりも「あなた自信の求める価値」を追求する事が重要です!

金銭的な辛さ

婚活って結構「お金がかかる」ものなのです。結婚相談所に入会などされている場合は特に費用面で大きな負担が発生しています。

毎月サービスを利用する為の費用が必要になってしまいますので、どうしても負担が大きくなってしまうのです。

結婚相談所は「入会金に数万円・月額利用料金が1万円~・お見合い費用5000円~・成婚料20万円~」というのが一般的な相場です。一年間利用すると、年間の月額費用のみで120000円、さらに定期的にお見合いをするとプラスαでお金が必要になってしまうのです。

これはちょっとした「焦りの原因」にもなっていますよね。早くお相手を探し出さなければどんどんお金が出ていってしまう・・・。

もし金銭的な理由で婚活が辛いと感じているのであれば、いっそのこと結婚相談所を辞めてしまうのも手では無いかと思います。金銭的に大きな金額が要求されるわりに、利用者がきついのであれば良いサービスとは言えませんよね・・・。

理想と現実のギャップが辛さ

結婚相談所に入会するとよく言われるのが「理想と現実」のギャップが激しいということです。どうしても結婚相談所に入会された方はお相手に対して「高い条件」を設定しがちです。

しかし、正直なところ結婚相談所の会員の方で「イケてる方」というのはごく少数では無いかと思います。

なぜ断言出来るかと言うと常識的に考えて「イケメン・高学歴・高収入・コミュ力高い」といった特徴の方が、わざわざ異性と出会う為に大金を投じるはずが有りません。自力で出会いを演出し、自力でお相手を見つけるでしょう。

それにどうしても結婚相談所の女性は「高収入」といったポイントでお相手探しをしているそうです。反面、高収入男性からすると「収入で自分を判断するような女性は願い下げ」という本音があります。

そういった背景もあり、婚活は「理想と現実のギャップ」をたっぷり体験出来る辛い経験です。

どうしても結婚相談所は「条件を下げること」や「あなたの価値をあなた自身が下げる作業」を要求するはずです。じつのところ結婚相談所では「理想の結婚」は難しい。

自己評価が低めの方には向いているサービスなのですが、自己評価・理想が高めの方にとってはなかなかつらいものです。

杉並デートとしては本来あなたが感じるあなた自身の価値を下げる必要は無いと思います。ただ、結婚相談所を利用したり婚活パーティーに参加して理想と現実のギャップに辛さを感じたのであれば「ゴールインまでのプロセス・方法」を変えて見て頂きたいのです。

ついつい自己否定してしまう辛さ

結婚や恋愛に伴う男女の人間関係でもっとも辛いのが「相手に受け入れてもらえない」という気持ちです。

失恋は辛いですしデート一つ断られても結構傷ついてしまったりしますよね。

婚活はとにかく「お見合い」をしてお相手を見つける作業になりますが、成功率はそれほど高いワケでは有りません。自分がお相手を良いと思えなかったのであればさほど傷つきませんが、お相手が自分を良いと思えなかった場合は傷ついてしまいます。

恋愛は想像以上にカロリーが高いです。すごくエネルギーを消耗する感情です。

それを「結婚」という目標設定を定めて何度も何度も色々な方とお会いしてという生活は「ものすごく疲れる」のは簡単に想像出来ますよね。

それにやはり上手く行けば問題はありませんけれど、お相手が自分の思い通りに反応していただけないとついつい「自己否定」してしまうわけです。

自己否定は恋愛するとよくよく発生してしまう問題の一つです。たまたまあるお相手が自分の事を好いてくれないというだけなのですが、恋愛感情ほどコントロール不能でいつも暴走している感情は有りません。

ですのでついつい「何がいけなかったんだろうか」と考えたり「どうせ自分なんて」と思ってしまったりするわけです。

そういった感情の動きはとっても疲れてしまいますので、婚活の辛さの一番の原因はもしかしたらこの「激しい感情の動き」ではないでしょうか。

もし疲れていると感じているならば一度婚活から離れてみた方が良いかもしれません。

婚活のつらさ解消法1.期待しない・違うことをする

少々スピリチュアルな話になってしまいますが、実は「期待している」と「期待どおり」にはならない事が多いのです。私は既婚ですが、実は私の友人で、結婚を考えていたパートナーと失恋した後に「もう一生結婚しなくていいわ~」などと言っていた人がいました。

その友人は男性ですが、なんと三ヶ月後に彼女が出来てあっという間にゴールイン。執着や期待の気持ちを手放すと意外とあっさりと願望が叶ってしまったりするもの。

かくいう私自身も実は「もう結婚しなくていいわー」などと言っていた時期があったのですが、やはり半年後に現在のパートナーと出会う事が出来ました。やっぱり期待や執着は一度捨てたほうがいいかもしれません・・・。

「引き寄せの法則」などというのが一時期流行していましたけれど、あの理論は「願いが叶っていない気持ち」でいると願いが叶わないと言われています。ですので「結婚したい」という感情の「したい」という部分は「結婚できていない」という事実が強くなってしまいますので、引き寄せの法則からすると「結婚出来ていない」という事になります。

そこで執着を捨てると「したい」という気持ちが消えます。で、「結婚しなくていいわ」という感情って実は「結婚してる人」の気持ちなんだと思うんですよ。既婚者は「結婚したい」なんて思っていませんからね。ですので意外と「結婚したい」と思うよりも「結婚したい」と思っていない状態の方が引き寄せの法則的にはアリなのでは無いかと思うんです。

ちょっと執着しすぎているな、と感じている方はどうでしょうか。一度諦めてみては(笑)

さて、他にも良い方法があるのですが「違うこと」をするという事です。これは特に「自分の趣味」だったりします。「仕事に打ち込む」というのも良いでしょう。

で、この対応方法の優れたポイントは「結婚したいという執着心」が薄れる事です。恋愛って不思議なもので、何かに打ち込んでいる人こそがモテる法則が有ります。

やっぱり仕事に真剣に打ち込んでいる男性は魅力的です。女性だって仕事や趣味に楽しむ事に夢中になっている女性は輝いています。

ですので婚活に疲れた方は是非とも好きなことやすべき事に夢中になってみては?そういう人は輝いていますので思いのほかチャンスが舞い込んでくるかもしれませんよ!

婚活のつらさ解消法2.方法や利用サービスを変える!

婚活のつらさを解消する方法は「利用サービス」を変えることだったりします。もし結婚相談所で活動しているのならば「辞めてみる」というのも方法です。高額な費用を納めてしまっているのであれば辞めづらいものですが、いっそ辞めてしまっても良いかもしれません。

他には「婚活パーティー」に参加されている方もいると思うのですが、思い切ってこれらも「辞めてみる」というのが良いかもしれません。

利用サービスを変えるのであれば杉並デートの「恋活デートプラン」がオススメです!会員登録無料で、利用料は結婚相談所のお見合い費用や婚活パーティーの利用料とさほど変わりません。

「出会い・デートから始める恋活サービス」ですので、すぐに誰かと「1対1」で出会う事も出来ますし、なによりも「カジュアルで気楽な出会い」を提供しているので疲れません!!

あくまで結婚が目標のサービスでは無く、「恋人探し」のサービスなのですが、「恋愛感情抜きの結婚」なんて失敗前提ですので「まずは恋をする」というテーマのサービスです。

さらに「恋愛相談」のサービスもご用意していますので一人で悩むことなく、マイペースに恋人を探す事が可能!悩みを抱えてしまうのも辛さの原因ですし、結婚相談所のおばさんとは異なり運営スタッフは30代ですのであなたと同じ目線で「恋愛の問題」に向き合う事が可能です。

もし、婚活が辛いと感じてしまっているのであれば、ぜひとも一度ご相談くださいね!

電話連絡:03-6276-9357
メール連絡:お問い合わせフォームより承ります
担当:寺田

恋愛電話相談についての詳細はこちらから!
デートセッティングコースについてはこちらから!