shutterstock_246844747

東京都内杉並区中央線沿いを中心に恋活サービスを提供中の「杉並デート」です。

本日は会話に自信の無い男女に進める「モテるトーク」について書いていきたいと思います!

1.聞き上手はモテる!

モテないトーク・会話というのは非情にシンプルで「自分の事ばかりべらべら話す」というのは大抵の場合モテません。

この理由はとっても簡単で、会話の中で自分の事ばかり話していると相手は「この人は自分大好き人間なうえに全く自分に関心が無いのだな」と感じてしまうのですね。

自分本位な人と、自分の事を大切にしている人、どちらがモテるでしょうか?答えは簡単です!もちろん「他者を大切に出来る人」の方がモテるにきまっているのです!!

特に「男女」の関係上聞き上手であるべきなのは「男性」です。

不思議な話ですが、結婚前は男性が聞き上手であるべきですし、結婚後は女性が聞き上手だと男性の社会生活での様々なプレッシャーを緩和出来ますので、安定した関係を築くことが出来ます。

聞き上手である事は男女ともにとても魅力的に見せるテクニックのひとつです!

2.質問力をあげよう

聞き上手である事は重要ですが、相手の方が口下手だったりする事もあります。この様な状況では「質問」をする事がとても大切ですね。

質問はそれだけで「あなたに対して関心が有ります」という事を表現出来ます。ですので口下手な方との会話で重要なのは質問をすることです。

ただ、質問をしても返答がいまいちうまく返ってこない場合は有ります。そういう時は「自己開示」が必要です。その時は自分の事を話すべきです。

しかし自分の事ばかり喋ってしまうのも問題ですし、自分の事をよく見せる自慢話ばかりでも会話はつまらないですし相手へのプレッシャーになってしまうことも。

そういう時はさりげない内容の方が良いでしょう。

3.共感している事を表現しましょう

これは特に男性と女声で性質が異なることを理解しなければならないのですが、男性は女性とことなり会話に対して「結論」を求めていません。

例えば女性が「こういったことで悩んでいるんだよね」と話していたとしても、男性は「それはこうすると良いよ」という様な解答をしてはいけません!

重要なのは「共感」ですので、問題の解決方法を答えたりするのはお門違いなのです。

女性にとって解決することよりも「共感を得ること」の方が大切なため、アドバイスをするよりもとにかく共感を示すのが「モテる会話術」のポイントです!

4.おどおどしないで堂々と

会話のテクニックというよりはそれ以前のメンタルだとは思うのですが、会話する時はおどおどしたりせずに堂々とすべきです。

特に男性は気をつけましょう。女性に頼りにならないと思われるのは悲しいことですしね・・・。

少々大きな声でハキハキと話せると良いでしょう。力む必要は有りません。きちんと相手に聞こえる音量で話せば良いだけです。ただ声の小さい方もいらっしゃるかと思いますが、頑張ってくださいね。

中には異性が苦手で挙動不審になってしまう人もいるかもしれません。そういうときは「嫌われても別にいいや」というくらいの気持ちでどうぞ。

5.褒めること

褒めるというのもとても大切なテクニックです。ただ、歯が浮くようなお世辞を言えばよいというわけではないです。

また、褒められる箇所に関しても相手によって変わります。例えばルックスが良い方に対してルックスを褒めても効果的ではないことが有ります。褒められ慣れているところでもあります。

むしろ「コンプレックスを解消する方向性」が非情に重要になります。

例えばルックスの良い女性には性格や知性を褒める、ルックスがそこまで良くない相手の方こそルックスがコンプレックスですのでルックスを褒めるべきです。

ご自身のコンプレックスを考えてみると色々と解る事があるのでは無いでしょうか?性格がとても優しい人であれば、その優しい人柄を褒められてもあまり嬉しくないものです。

こういった褒め方をすると印象に残るというメリットもあります。「他の人とは違う視点を持っている」というイメージ付けが可能になります。

最後に

「モテる会話」は別に男女の間だけで利用可能なテクニックではなく、人間関係全般に応用可能なテクニックです。

ビジネスでも恋愛でも、とにかく「相手のことを尊重する」という視線が重要になります。人を大事にすると大事にしてもらえるのですから、会話においても尊重することを意識するべきでしょう。

会話に関して苦手意識の有る方は「会話レッスン」のご用意もありますので、是非ご気軽にご相談くださいね!

電話連絡:03-6276-9357
メール連絡:お問い合わせフォームより承ります
担当:寺田

恋愛電話相談についての詳細はこちらから!
デートセッティングコースについてはこちらから!