shutterstock_141466369

こんにちは。東京都杉並区で新しい恋の機会をお届けしている恋活相談所杉並デートです。

今日は「パートナーから重たい!と思われる5つの行動」についてお伝えしていきます。

 

若いうちから結婚を意識することは重たいことでもなんでもない

最初に言いますが「結婚を意識して行動している人」=「重たい」という人がいます。ぜんぜん重くないです。

「結婚のこと言われると重たい」と言い放ってしまうような自分の都合の良いことばっかり考えているパートナーと付き合っては後から後悔します。

なので「今付き合ってるパートナーに結婚の話をすると嫌がられる」という悩みを持ってる方は多いと思いますが、私は「結婚したいという気持ち」を尊重してます。

好きという感情を持って付き合っている恋人でしたら結婚を意識するのは当たり前です。

なので現在「結婚を真剣に考えて付き合っているのに相手が真剣に取り合ってくれない」という悩みを抱えてるみなさんはそれこそ真剣に悩む必要はありません。

だってあなたがまともな考え方だと思うからです。

そういうことを踏まえて実際何が重たい行動というのか?を考えていきましょう!

1)日頃あまり連絡に出ない人は実は連絡がしつこいタイプ

軽く簡単に済む連絡を何故に後回しにするのでしょう?そして、軽く簡単に済む連絡をしつこく繰り返すのは何でなんでしょう?

軽く簡単に済むことを軽く簡単にやらない人は、軽く簡単に済むことを必要以上に「行動で」要求してしまいます。

例えば「何時に帰ってくる?」というメッセージは「時間についての問い合わせ」です。なのに「終電」と言っただけで何故か感情を剥き出しにされます。

それって時間について問い合わせしたいんじゃなくってつまり言いたいことは「はやく帰ってきて」です。

でも直接に「はやく帰ってきて」と言ったら「嫌われて痛い目に遭う!」ってわかってるので、うまい手口を考えます。そのうまい手口がしつこさです。

うまい手口を考えた結果、そういう人に限って相手から要求する「時間についてのお問い合わせ」は無視します。

自分は「早く帰ってきて」の意味でやってるから、早く帰りたくないから無視なんですね(笑)

だから、この世の中「早く帰ってきて」という言葉に恐怖感を抱いてない人なんていません。好き過ぎからくる不安はいつか現実になるのでご注意!

 

2)言葉(現実)を強く求める人に限って感覚主義

言葉を強く求める人、います。一見「ロマンチックなのかな?」「しっかりしてるのかな?」と思います。

でも実は自分から発信するものは感覚に近くて「雰囲気で」「空気で」「察して」と言葉で言わなくてもわかって欲しいを他人に委ねておきながら

いざ自分がわからない雰囲気や伝わってない空気に晒されると急激に現実的になり不安になる人です。

その不安により相手に強く「ちゃんと言葉で」と言った言わないを要求するので、捉えようよっては非常に重たく感じます。

ここで「世の中のほとんどの人が納得なんてして生きてない!みんな不安だ!」と言ったら大体喧嘩になりますが、その答えこそが「現実」でありむしろ正解です。

現実はよちよち歩きの子供のようにいつも曖昧で数秒先にいつも明確で革新的な答えなんて実はありません。

ハッキリ要求できるタイプの人はそんな現実の手を取って目的地まで走り出してくれる人です。

むしろ信念が強く自らの願望を叶え続けてるので、一見「重たい」と思いますがちょっと人生の重みが違うだけ!夢なんて話そうもんなら快くその話に何時間も付き合ってくれる良い人達。

これはお互いに現実と感覚の中間の「感性」に向かって歩み始めればいいんだとおもいます。

よって感性を忘れ感性を失った結婚生活及び家庭はただの地獄。

「結婚という願望を相手に納得させたい」のなら、ご自身から生み出された「生活的な感性」を惜しみなく披露し続ければ良いし、結婚前にだって相手にも感性の時間を生み出してもらう時間は必要です。

たまに「生活的な感性=料理」と結びつける方もいらっしゃいますが、料理できない人は他のこと上手だからそれでいいんです。あくまでも自分が持ってる感性の一致が大切です。

3)約束をしない人は約束にこだわる

「自分は約束はしない主義」と言う人は他人の約束感覚については守る守らないを口出しします。

「予定変更でがっかりしたくない・させたくない」と思っているのであんまり約束したがらないです。

これも最初から約束すれば簡単だし早いということを伝えましょう

約束=時間なので平等に権限がない方が変なので「変更は可能だよ」と伝えてあげるのも親切です。

4)日頃愚痴が多い人は結局他人の話なんて聞いてない

自分は何時間も散々愚痴を言っておいていざ他人の愚痴については散々な理由をつけて流しちゃう!

自分の愚痴だけが「特殊」であり「特別」であり「正当な言い分」と思うようです。みんなそれぞれにいろいろな考えがあっていいんですよ。

ただ話を聞く時に「それが愚痴や悪口なのか」それとも「お悩みなのか」を判別する方法があります。

まず「悩み」というのは生活や仕事に支障をきたしそうな時。

その悩みに苛まされる時間が1日8割になってしまうと大きな悩みとか大きな問題になってきますし

それが続いて「3週間以上まともに生存活動を行えない」ともなると病院などの専門家の治療が必要になってきます。

片一方がそうだと、片一方もつられることも十分あります。

ですので、日頃から否定や非難ごとは控えて生存活動と好きな行動で時間を埋めることが生活にとって適切なんです。

杉並デートが運営している恋活サービスでも条件や年齢やスタイルではなく「価値観でのご紹介&マッチング」を心がけているのはその為です。

5)なにしても幸せだと思えない人は幸せが怖い

総合して重たい人=劣等感(コンプレックス)が強い人です。

これは女だからとか男だからとか関係ありませんし、漫画や小説に出てくるように見た目にわかりやすい特徴があるとかそういうのもないです。

ただ劣等感が強過ぎるのは「解消する為の行動を全て放棄して自分自身をネグレクトし続けた結果」ということであるので、そういうのはどうしても本人の問題。

そういう「幸せに対しての強いコンプレックス」を懐きながら

・「誰かと付き合えば解決できる」「誰かと結婚すれば解決できる」「恋愛をしていれば全て良し」と思い込んでおり好きな相手をパートナーとしてではなく「ターゲット」として頑張ってしまう。

・たまたま付き合ったパートナーを自分の理想の人に変えたい為に自分の願望を押し付ける。

・「どうして自分の為に◎◎をしてくれないのか」と要求し、相手に悪いプレッシャーを与えてしまう。

ぜんぶ本末転倒です。

恋をした時のトキメキを思い出してください!当初はそんなこと相手に求めていなかったハズ!

それでも行き止まりになってしまったのは、みんなそれぞれ何かしらの劣等感が立ち塞いでいたのです。

それを解決する為に促すプロの人達は沢山いらっしゃいますが

 

最終的には誰の力でもなく「ご自身の力」が一番必要になりますし自分の力で幸せを得たという実感が自信につながっていきます。

 

恋愛というキーワードは今はほとんど流行っておらず「自分が何をして本当に幸せと思えるか」ということをみなさんそれぞれ模索中。

燃え上がるような恋愛感情!結婚した人と一途に人生を送る!というような「昭和の普通」も平成が終わる頃には全然普通ではありません。

「結婚」というキーワードより「離婚」というキーワードのほうが普通です。

いざ自分の人生を築く為に行動を起こせてるのであれば、結果が結婚でも離婚でもひとりであってもいいんです。個人に価値がある時代です。

なので恋する気持ちも特別なことというよりは至って普通のこととして留めてます。そのほうが最終的に笑顔を見る機会が多いからです♪

最後に

最後に「この人、本当に幸せ&恋愛上手だな~」と思った知人女性がパートナーにプロポーズされた際に言い放った一言を紹介します。

ズバリ

「あなたが自力で1千万稼いできたら結婚してあげるよ(笑)」

 

ちょっと真似できないくらい凶と出るか吉と出るかみたいな言動です。でもこれで彼女は彼に対して非常に良いプレッシャーを与えました。

実際、冗談みたいな軽い一言だったと思うんですけど

「この人は自力で1千万稼ぐくらいやらないとコンプレックスが解消されない男だ」と見抜くところも凄いですし

そんな冗談みたいな、捉えようによっては攻撃のようなズバリとした一言を受け取った男性にも心の余裕を感じます。なんかの王様かな!

この二人は無事結婚しました。

杉並デートでも恋の話やコンプレックスのお話等、こちらから密に詳しくお伺いすることは、ほとんどありません。

ただ「変わりたい」「つらい」「こういう人にモテたい!」等という恋愛相談のご要望ももちろん受け付けております!

無料の範囲内ですと価値観の合う人同士のマッチングですので「日頃、何をして幸せに思っているのか」をメインでお話をお伺いしております。

もちろん「無料の範囲内で十分だな!」と思えること間違いなしです。価値観は関係なく興味ある同士でもご紹介できますのでご安心下さい。

会員様がご利用するシステムもより個人で申請しやすいように切り替えいたしました。自分のペースで恋愛活動できる恋活サービスです。

その為にまずはご面談からスタート!お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください♪

電話連絡:03-6276-9357
メール連絡:お問い合わせフォームより承ります
担当:寺田

恋愛電話相談についての詳細はこちらから!
デートセッティングコースについてはこちらから!